アクセスランキング ブログパーツ
2017 0412345678910111213141516171819202122232425262728293031>2017 06
戦闘力

氏名:YPK代表 。。。

。。。様

・プロフィール的な
・最新記事的な
・コメント的な
・僕的には相互的な
・月別的な
・カテゴリ的な
・wellcome的な
・あわせて読めよ的な
・トラバられ的な
--年--月--日 --時--分(--)
ども。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< <報告><バックホーム><捕らえられた?虎得られた?> >>

2010年01月23日 00時00分(土)
ども。 ども。

えー、先日アノ人から
「友達の家で朝までテスト勉強するって言って出てきちゃった」とか
「うち今夜両親が居ないの」的な言葉と酷似したコメントを戴きました。
僕としましては「抱いて」って言われたと受け止めております。
「据え膳食わぬは」なんで、当ブログ恒例のアノ人弄りのスタートです。
( ´,_ゝ`)クックック・・・( ´∀`)フハハハハ・・・(  ゚∀゚)ハァーハッハッハッハ!!


















この物語の主人公は某「進まない一秒。」で御馴染みの綾瀬。
時は2010年。
この日はワンピース最新巻の発売日。
超人気作とあって売り切れが予想される作品を購入すべく綾瀬は書店へ赴く。
渋滞などを経てようやく辿り着いたその先には最後の一冊が。
「やった」と喜びながら単行本に手を伸ばす綾瀬。
その時、隣から手が・・・
お互いの手が触れ合って両者が手を止める。
綾瀬が目を向けた先には一人の男性がいた。
それを見た綾瀬は「どうぞ」とだけ言いワンピースから手を引こうとする。
するとその男性が「他で探す」とだけ言ってその場を去って行ってしまった。
見た感じ少し雰囲気のある人だなぁ。と思いつつも、
ワンピースの事を考えるとでーでもよくなってしまった。
ナンダカンダでワンピース最新巻を購入する事ができた綾瀬はご機嫌で帰宅した。
そして、帰るなり本に目を通す。
すると一枚の紙切れが・・・
それには今月発売されるジャンプコミックスの一覧が。
そこにはなんと銀魂の名前が載っている。
コレは早速買いに行かなくてはと綾瀬は次の日また同じ時間に書店に赴くのであった。
しかし、普段、知的で清楚なイメージで売っている綾瀬的に
「銀魂」購入に関しては人に知られたくないうちの一つであった。
そこで綾瀬は先ず、読む予定でdあった小説を数冊手にとってから銀魂を探した。
そして、目的の銀魂に手を伸ばした時、またしても横から手が伸びてきた。
すると。隣には先日の男性が・・・
「奇遇やね。ある種の運命?」
そう言って男性は銀魂を手に取り綾瀬に受け渡してきたのである。
そして、綾瀬が持っていた小説を見て
「やっぱ。知的な感じがするだけあってこーゆー本も読むんやね」
と言いながら綾瀬の小説を手に取りペラペラ捲りながら
最後のページに数秒目を通しこー言ったのである。
「うわー主人公死ぬんや。こーゆー悲しい系僕無理なんよなー」
綾瀬は一瞬圧倒されながらも
「コイツなんで結末言ってんの?」と言う怒りが込み上げてきた。
しかし、男は銀魂をもう一冊手に取り「またお逢いできるとイイですね」
とだけ言い残しそのまま去って行ってしまった。
銀魂を購入できたとは言え何ともスッキリしない綾瀬であった。

次の日、綾瀬が会社に行ってすぐに病弱な上司の代理で新しい取引先に向かってくれと言われ
地図を頼りに取引先の会社に赴く。
受付を通し応接室へ案内される。
そこには今回の取引相手と思われる中年の男性が待っていた。
二人は名刺交換など軽い挨拶を済まして本題へ入ろうとする。
すると中年の男性が「こんな綺麗な方ならうちの担当もさぞ喜ぶ事でしょう」
どーやらこの中年の男は今回の担当ではないようである。
すると、部屋のドアが開き若い男が入室してきた
「今回担当の丸山(仮)です。関西の支店から先週配属されたばかりですが何卒宜しくしてやって下さい」
それを聴いて綾瀬が担当の若い男性に目を向けると
そこには先日の銀魂事件の男が立っていた。
思わず綾瀬が「あっ。」と声を上げると
中年の男が「おや。お知り合いでしたかな?」
と、一言。
すると。綾瀬が「実は・・・」と。言おうとするよりも先に若い担当が
「いやいや、こんな綺麗な女性知り合いには居ませんよ。もし。見かけてたらゼッタイ忘れませんしね」
と、言ったのであった。
それを聞いた綾瀬は内心「この野郎・・・」と思いながらも笑顔を絶やさず
「私の見間違いでした」と銀魂の事には触れないようにヤり過したのであった。
その後、中年の男性が退室し綾瀬はこの丸山と言う男と二人っきりで商談に入る。
丸山は水を得た魚のように生き生きと喋りだし綾瀬について質問ばかり投げかけてくる。
綾瀬も関係ない話とは思いながらも
取引相手とあって嫌な顔一つせず、一応受け答えだけはしていたのであった。
その後、丸山に連絡先を聞かれ携帯の番号を教えこの日の商談は終了となる。
ただ、ほとんど仕事に関する話は行われなかった・・・。
とりあえず、わかったのはこの男、
綾瀬の嫌いな要因全てを揃えた
正に「三拍子」と言える様な存在であったと言うことだけであった。

次の日、昼休憩直前に電話が鳴る。
相手は勿論、取引先の丸山である。
丸山は「近くのカフェにすぐ来てくれ」とだけ言ってすぐに電話を切ってしまう。
コレからお昼と言うのに綾瀬は出掛けるハメになる。
言われた場所に着くとそこには笑顔で手招きする丸山の姿が。
綾瀬が席に着くなり「お話の内容とは?」と伺うと
丸山は「まぁ。そんな話より何か食べませんか?」と言いメニューを綾瀬に渡す。
丁度、お昼前でお腹の減っていた綾瀬は一応、メニューを注文しすぐさま本題に入ろうとする。
すると、丸山は「綾瀬(仮)さんって休日とかナニしてるんですか?」
質問の内容も内容ではあるが、
いきなり姓ではなく下の名前で呼ばれたことに綾瀬は少々驚きを隠せずにいた。
それでも綾瀬は平静を装い冷静に答える。
すると、丸山は「奇遇ですね。僕も写真撮るのが趣味なんですよね」
と、如何にもな答を返してきた。
綾瀬はそれをサラッと受け流し仕事の話に入ろうとするが
それでも丸山は「じゃあ。今度一緒に行きませんか?」
と更に返してくる。
綾瀬は社交辞令のベスト対応のような感じで
「あ。じゃあ。また都合の合う日にでも」と返すと
丸山はハイエナの如く喰らいつき
「じゃあ、次の休みとかどうですか?」と面倒臭い事を投げかけて来る。
綾瀬は「次の休みは少し私用がありまして」と見事な断り文句を投げかけたら
丸山は怯む事無く「じゃあ、その次は」と永遠に続きそうな答え方をしてくる
それに耐えかねた綾瀬が少し強張った口調で
「それではコチラの都合がいい日に連絡させて頂きます。」
と言い、この会話に終止符を打とうとした。
それで丸山は「あ。じゃあ。綾瀬さんの会社が休みの前日にでも連絡しますね」
と、一切話を聴いていなかったような答を返してきたのであった。
そんな無駄話をしている間に昼休憩が終わりそうな時間になっている。
すると丸山は「そろそろ会社に戻らねばならないのでこの辺で」
と仕事の話を一切せず、伝票だけ持って去って行ってしまった。
そして、時計を見た綾瀬は大急ぎで職場に引き返すのであった。

更に次の日またしてもお昼時に電話が鳴る。
言うまでも無く相手は丸山である。
またしても話があるから外に来いとのことである。
綾瀬は食事だけ急いで済まし呼ばれた場所に赴くのであった。
そしてまたしても丸山は「何か食べませんか?」
と、問い掛けてくる。
それに対して綾瀬は「昼食はもう済ませてきました」
とキッパリ。
すると、丸山はそれに対しても食いついてくる。
「綾瀬さんもしかしてお弁当持参ですか??」と。
綾瀬は「えぇ。まぁ。一応。」と答えると丸山は嬉しそうに
「料理できる女性ってステキですよね?今度僕にもお弁当作ってくれません?」
と、無理難題を吹っかけてきた。
例によって綾瀬は「またの機会にでも」と笑顔で受け流す。
やっぱり丸山は「あ。じゃ。明日綾瀬さんの会社に受け取りに行きますんで。」
と、満面の笑みで答えてきた。
綾瀬は内心、答え方を失敗したと感じながらも
「まぁ、そこまではしないだろう」とその場をヤり過したのであった。
勿論、本日も仕事の話は一切行われてはいない。

次の日、昼休憩直前に社内放送で玄関ロビーに呼び出される。
するとその先には丸山が待受けていたのであった。
この行動に流石の綾瀬も驚きを隠せずにいた。
丸山は綾瀬の弁当を本気で受け取りに来たのであった。
そんな所を他人に見られてはマズイと直感した綾瀬は一先ず丸山を応接室に通し待たせる事に。
しかし、弁当は自分の分以外持って来てはいない。
仕方なく綾瀬は自分のを丸山に与えることに。
弁当を与えられた丸山は「マジ美味いっす。ヤバイッす。」等と大袈裟な賛辞を綾瀬に贈る。
ナンダカンダで綾瀬はそれを言われた時だけはわりと気分が善くなっていたように覗えた。

しかし、喜びも束の間。
その次の日から丸山のストーカーばりの会社訪問は絶えることは無かった。
普段、マイペースな綾瀬。
それ以上に自由奔放な丸山に完全にペースを乱され、
意外とイイ様にコントロールされている感が。
最近では丸山、綾瀬の交際説が噂されるほどであった。
しかし、余りにもなアレに耐えかねた綾瀬がいい加減に限界が来た。
こんな風に感情的になる事も今まででは考えられなかった。
ついには丸山に向かって
「仕事の話はどーなってるんですか???」
と、強い口調で問い掛けてしまう。
すると丸山がカバンから書類を取り出し、
「あ。もう完了してますよ?あとは綾瀬さんの捺印だけですよ?」
この行動に綾瀬はあっけにとられ一瞬放心状態になりながらも取引成立にホッと一息。
やっと丸山のストーカー行為とおさらばかと想い安心していたのであった。

しかし、安心していたのも束の間、
次の仕事でも丸山の所属する会社と関わる事になる。
しかも、向こうが綾瀬を名指しで指名してきたのである。
綾瀬爆発寸前である。
その日、帰宅した綾瀬は数日振りにパソコンを立ち上げた。
最近は、忙しさからパソコンを触る機会がメッキリ減っていたが
この日ばかりは日頃のストレスを発散すべくブログにぶつけていた。
その日の記事からは綾瀬の不満や怒りがひしひしと滲み出ていた。
それを呼んだ読者からも同情のコメントが殺到していたのであった。
その後、綾瀬は久々のブログ巡りを行う。
その時、たまたま開いた。ブログである写真を目にする。
その写真には一人の男がハナクソをホジっている姿が写っていた。
それを見た綾瀬は一つの答を導き出す。
この男は間違いなく取引先の丸山である。
その写真の男、ブログ上では「。。。」と名乗っており
綾瀬のブログにも時々コメントを残していたのである。
勿論、本日更新した記事にもコメントが残されている。
。。。「大変な男と仕事してるんですね(;´∀`)僕やったら二秒で殴ってるwwwwま。何かの機会にさり気無く仕返しをしてみては??(゚∀゚)アヒャ」
綾瀬の中にあった「耐える」と言う感情が音を立てて崩れ去った瞬間であった・・・

次の日、綾瀬が丸山と顔を合わせるとさり気無く笑顔で
「ドラゴンボール好きでしょ?特にベジータとか?」
一瞬丸山は驚きながらも「なんで知ってるんですか?」と問い掛ける。
綾瀬は淡々とした表情で「ブログからひしひしと伝わってきましたよ」
丸山は時間が停まったかのようにその場に立ち尽くし焦りの表情を隠せずにいた。
それでも丸山は白を切り通そうとする。
「ブログって何すか?僕イマイチパソコン関係わかんないんで」
それを聞いた綾瀬は「じゃあ。この写真を他の人に観て貰って真偽を確かめます」
丸山はその場に膝を付いた・・・
その瞬間から綾瀬の逆襲が開始されたのであった。
綾瀬が心の奥に封印していた「どS」が明るみにでる。
ゼッタイに公表されたくない弱みを握られた丸山は
その瞬間より綾瀬の忠実な下僕と化したのであった。
その日から綾瀬の興業成績は鰻上りに上がり取引に失敗しない完璧な女の称号が与えられていた。
その影にはゼッタイにイエスしか言えない男の姿があったのは言うまでも無い。

運転手兼荷物持ち。暫らくこの関係が続いている中、
パシリの丸山がふとしたタイミングで綾瀬の携帯の待受画面を観ることになる。
そこには丸山も見たことのある画像が・・・
綾瀬がブログ上で誕生日の時にリンク先のブロガーに貰った兎の画が使用されていた。
それを見た丸山は自分の中の記憶を辿り
その画が「綾瀬」のブログにあった事を思い出す。
そして、綾瀬の事を疑いだした丸山は
さり気無く綾瀬の正体を探るべく行動に移すのであった・・・
「兎は狼に食われるべきなんだよ」と自身を取り戻し綾瀬の元へ。
その後、丸山が綾瀬を問い詰めようとすると
案外すんなりと綾瀬は自身のブロガー説を肯定した。
コレには丸山は少し驚いたがよくよく考えてみれば
綾瀬のブログに後ろめたい事など特に無いのでバレても然程問題ではないのである。
そこで丸山は最後の切り札を出す。
「『銀魂』おもしろいですよね~」
綾瀬動揺を隠せずにいる。
「いや~まさか小説でカモフラージュしながら買うなんてね」
そうなのである。
あの日、再開した時、丸山は覚えていなかったのではなく、
銀魂事件を気遣って知らぬフリをしていただけであった。
この気遣いに気付いた綾瀬は丸山に対する考えを改めた。
ただ、この他人を脅迫するような性格だけは認めることはできずにいた。
一つ、だけ言うと綾瀬も丸山を脅迫しているようにも取る事はできなくもない。
こーしてお互いが「綾瀬」と「。。。」であることを知った二人は打ち解けあい。
今までの関係がウソのように仲良くなるのであった。
似た者同士の二人。ナニか通ずるモノを見つけたのかもしれない。
綾瀬にとっては本音を出せる数少ない相手。
さらには元々嫌いな要素三拍子から一転したので
余計に良く見えたのかもしれない。
それ依然に丸山は綾瀬にぞっこんであった気もする。
つまり、綾瀬が心を開いた?
いやいや。そこまではありえない。
綾瀬の心動かざる事、レッドラインの如くなり。

それでもコレを境に両者共に有益な付き合いをし、
成績が常に右肩上がりであった。
それに伴いプライベートで会う機会も設けられるようになっていた。
初めは仕事での付き合いだった二人、
お互い仕事の取引相手と言うそんな形式的な概念を捨て、
もっと親密な関係に近付いていた。
週末の夜は二人で食事をするというのは当たり前で
映画を観たり買い物をしたりと
世間からみれば恋人と言っても過言ではないくらいの状態であった。
しかし、綾瀬が恋人説を肯定したのを聴いた事は無い。
余談ではあるが、最近二人が交わしたメールが100を突破。
その内、丸山がハートマークを使用した回数50件。
綾瀬が絵文字を使用しなかった回数49件。
綾瀬が二行以上文を書いた回数0件。
ちなみに、綾瀬が使用した絵文字は『』の一種類。
綾瀬の送信メールのタイトルには常に「Re:」がある。
それと、綾瀬のリダイアルに「丸山」の名前は残っていない。
綾瀬は丸山が綾瀬用に設定したメロディーコールを知らない。
ただ、綾瀬が連絡を返さなかった日は一度たりとも無い。

そんな不思議な二人の関係が贈られていたある日、
随分前の約束が果たされる事になる。
綾瀬の趣味の一環の「写真撮影」。
自称写真家の丸山が凄くステキな場所があると言いだし、
半ば強引に綾瀬を連れ出し車を走らせた。
綾瀬邸から車は彼是2時間以上は走ったであろう。
辺りは見渡す限り森林。
舗装すらされていないような道をまだ進み続ける。
いい加減綾瀬がシビレを切らしそうになった所で目的地とやらに到着する。
するとそこには壮大な景色が広がっていた。
コレには流石の綾瀬も感動の表情を隠せずにいた。
丸山曰く、自社の私有地で許可が無い限り半径数キロ以内にほぼ誰も入ってくることは無いんだとか。
だから、落ち着いて好きなように写真が撮れるとか。
言い返してみれば綾瀬は壁や隔たりそれに錠もないが事実上の密室に幽閉された事になる。
しかし、綾瀬はコレ以上の環境は無いと言わんばかりにシャッターを連射していた。
それからある程度の時間が経過し夕方を向かえ日も沈む頃がやってきた。
綾瀬はそろそろ帰ろうと言うが丸山はまだ帰らないと言う。
太陽は西の空に向かってドンドン進んでいく。
あと少しで辺りは暗闇と化すであろう。
今になってこの密室的な環境が不安になる綾瀬。
その時、綾瀬を呼ぶ声がする。
「綾瀬、コッチ、コッチ」
丸山が遠くの方で必死に手招きしている。
綾瀬は少し疑いながらも丸山の方に向かって歩く。
この時、「さん」が省かれていた事に綾瀬は気付いていたのだろうか?
ちなみに、綾瀬は未だに丸山のことを「ちょっと」や「ねぇ」以外で呼んだことは無い。
コレは二人の距離を表しているのかそれとも綾瀬の照れ隠しなのか
その辺は本人以外知りえない。
ただ、一つだけ言えるのは普段非常にクールでプライドの高い綾瀬が
人に呼ばれて自分から動くなんて今までなかった。
綾瀬の中で進まなかったナニかが進み出したのかもしれない。

そして、綾瀬が丸山の元に辿り着き、
丸山が指差す方を観るとこの上ないくらい綺麗な夕日が輝いていた。
夕日に感激する綾瀬と丸山。
逆光でイマイチ解り辛いが、
二人の手がシッカリと繋がれていたようにも見えた。
この時、お互い見つめ合っていたとかいないとか。
その辺は二人以外神のみぞ知る・・・。
ちなみに、二人はそのまま時間が経つのを忘れて夕日が見えなくなるまで
寄り添い合ってベンチに座っていたとか。

さて、スッカリ夜も深け辺りは完全な暗闇になり二人は帰路に着く。
道中、丸山が助手席の方に目をやると、
そこには完全に熟睡しきった綾瀬の姿が。
あの武士のように研ぎ澄まされた神経を持った綾瀬が人前で熟睡したのである。
長旅でよっぽど疲れたのかそれとも・・・
綾瀬以外はご想像にお任せするとしよう。
そんな綾瀬を見つめる丸山は少し微笑んでいるようにも見えた。

それから暫らくして車は交差点で信号待ちをする。
その時、。。。は手帳を開き薄っすら笑みを浮かべている。
勿論、綾瀬は未だにスヤスヤ眠っている。
ウインカーは来た道と逆方向に向けられている・・・























「くっくっく。二人目か。軽いな。次は・・・・」

クリックで拡大













~つづく~




























あとがき
この物語はたぶんフィクションであり、
実際の出来事などとは関係ない予定です。
あくまでも、空想のつもりです。
尚、随時出演許可募集してます。
あと、一応、拒否も受け付けてます。



<< <報告><バックホーム><捕らえられた?虎得られた?> >>

まるでコメントのバーゲンセールだな・・・

たまにブログ界隈に顔を出せば、廃墟のように静まりかえっておりましたが、久しぶりに楽しい記事が読めました(笑)
久々に覗きにきてみたら、なにやら面白そうな企画しよるね。

。。。兄にドMと称される杏豆。
是非に使って頂きたく候。
けっ(・∀・)
ワロタwww
ちょっと目を離した隙にこんなおもしろい企画をやっていたとはねw

恵以子さんのも綾瀬ちゃんのもきれいにまとまっとるなぁ(・∀・)
この流れじゃ僕との話は書けそうにござらんね(・∀・)アッハッハ

ときに、僕の名前が歪んでる気がしたのだが気のせいかね(^ω^ )
Re: 綾瀬さん
> たまにブログ界隈に顔を出せば、廃墟のように静まりかえっておりましたが、
最近さらに酷くなりましたよね(;^ω^)
今年も半分以上経過したっすけど
更新が一回とか二回のブログが大すぐるwwww
かく言う僕も最近はモブログしか更新してません。

>久しぶりに楽しい記事が読めました(笑)
これはこれはそんなコメントを戴けるなんて(´;ω;`)ブワッ
またブログに活気が戻れば・・・
Re: 故 杏さん
> 久々に覗きにきてみたら、なにやら面白そうな企画しよるね。
コレは我ながら善く考えたなぁ・・と。
何気に記事にするのが難しいです><

> 。。。兄にドMと称される杏豆。
言われなくてもアナタどMやないっすかwww

> 是非に使って頂きたく候。
さて。今更読んでないとは思うけど、
実際記事は作りかけたのよ。
3分の2くらいまでは出来てるねんけど、
ちょっと放置してたその隙にあなたブログやめちゃったのね(´Д⊂グスン。
と言う訳でお蔵入りとなりました。
今更ながらお幸せに( ^ω^ )ニコニコ
Re: けっ(・∀・)
> ワロタwww
> ちょっと目を離した隙にこんなおもしろい企画をやっていたとはねw
コレは今までの中でも中々秀逸な作品(・∀・)ニヤニヤ
やっぱ。油断したら何するかわからん男。。。です。

> 恵以子さんのも綾瀬ちゃんのもきれいにまとまっとるなぁ(・∀・)
そう言ってもらえるとありがたい。
けっこー苦労したと思うのよ。
もー経緯は忘れたけど。

> この流れじゃ僕との話は書けそうにござらんね(・∀・)アッハッハ
何かしら書いたろうと思ってたんやけど、
その前にブログ熱が下がっちゃいました。
この手の記事は誰も読んで無いのに書くとか虚しすぎるしさ。
実際、このコメント返しすら誰も読むこと無いと言うね。

> ときに、僕の名前が歪んでる気がしたのだが気のせいかね(^ω^ )
気のせいじゃね?
ってか。僕自身が昔過ぎて元ネタが解らず記事を読む返すと言う始末wwww
もう一回ブログ熱戻らんかなぁ・・・
ちゃんと読んどるがな(・∀・)
Re: いくきんたま
> ちゃんと読んどるがな(・∀・)
お前どんだけヒマなよー。
しかし。この返信こそ読んでないやろうとテキトーな事書いといたる。
別に今更忘れ去られたブログのコメントなんてわざわざ返さんでもて思うが
僕のポリシーに反するのでキッチリ返す。
ちなみに。YPK以降のコメントで返信してないのは一切ないはず。
その前のブログはけっこー返してない。
ただ。スパムを除けばおそらくこのコメントがラストになるであろうから
無駄にキッチリテキトーな内容で返信。
最近。仕事してはいるものの地味に暇でこんなことしかする事がゴザイマセン。
ソープ行っても不細工。合コンやっても不細工。mixiで出合っても不細工。
もう。家を出る気がゴザイマセン。
あまりにヤる気が失せたので遂に実家に帰ってきました。
先月までは週1くらいしか実家にいなかったのに。
まぁ。一番の理由はオンラインゲームをヤりたいってだけか。
自分の部屋にはPCがないので実家でヤらざるを得ない(´・ω・`)ショボーン
ただ。問題が一つ。
PCを障るとついついエロ動画を観てしまうと言う悪い癖が。
。。。26歳。中学生に負けやん勢いで毎日毎日ひたすら・・・。
そんなコトをしてるとやっぱり気付かされるのが僕は2人より独り派やなぁ。とね。
最近は。もっぱら。ギャルの動画にハマってます。
今まではJKがメインやったんやけど何となくギャルに右手の力を注いでます。
良いよ。ギャル。すごく良い。
なぜ。JKからギャルに心変わりしたかと言うと。
先日。16歳の夏休み女子高生に番号渡したら連絡こなかったから(´;ω;`)ブワッ
やっぱ。10歳上は相手にされないのか(´Д⊂グスン
しばらく女子高生を絶って深く考えてみようと思うのでした。
ただ。同級生が海で引っ掛けたのが17歳夏休み女子高生でイケたって話なので。
9歳差ならイケるみたいなのでその辺に絞って活動していこうかなと思います。
その他。頑張ろうと思っているのは未だ見ぬモノを探すって事で、
人生で一番大きいサイズの女性に出会いたいです。
大きいって体格ではなく、おっぱいね。おっぱい。
今まで一番大きかったのは自称Gカップの多分。ギリでFカップの20歳。
個人的に理想はFカップなんやけど。
一回くらい想像を遥かに超えるとんでもないサイズってのを試してみたい。
あ。試すってもちろん。DとかEじゃできない色んなコトをんね。
そう思って風呂屋でHカップって言う売り文句の子を選んだら
見事に巨乳ならぬ巨漢が現れましたとさ(´Д⊂グスン
ハッキリ言って腰にくびれがあってこそのおっぱいなのでそれのないのはおっぱいではない。
むしろ。オンナですらない。ただの性別♀なだけ。
そんなヤツの胸を触って喜ぶかと言うと一切ナニも感じない。
ただ。ヌルヌルがスゲェなってだけである。
マットの上で這い上がられて窒息しそうになったのは生まれて初めての経験だった。
やっぱ。デブは滅びれば良いと思うよね。
とりあえず。僕が実家に帰ってくると同時にティッシュの消費量が急激に増えたわけで
いつかオカンから苦情がこないか毎日ヒヤヒヤしています。
やっぱ。資源は大事にすべきですよね。
しかし。この場合の消費は仕方ないと思うんですよね。
別に無駄にしてるわけじゃないんだよ。
それ相応の理由があってティッシュを使用しているわけで。
別に資源の無駄遣いじゃないと思うんだ。
そら。まぁ。一回最低3枚使うけどさ。
それは必要最低限に抑えてるわけで無駄に大量消費してないから問題ないやろ???
あと。個人的に思うのが。実家の飯ウマイね。
ずっと食ってるとそうは思わないかもやけど、
いざ。久々に食ってみるとマジウマイ。
愛は一切こもってないとは思うがウマイね。
そーやって男はマザコンになっていくんやろなぁ。と。
まぁ。別に僕は嫁にむかってオカンの飯がウマイとか言うわけないですけどね。
結局は、好きな人が作ってくれる飯が一番ウマイんじゃなかろうか?って思う。
だから。やっぱり。女子は料理できた方が良いよね。
いくきさんもできるように。ってアンタ給食のオバハンしてたから大丈夫か。
とりあえず。男の部屋に行って何事もなく普通にご飯作ってやるとたぶん。男は
とりあえず。コイツはキープするべってなると思います。
あ。あくまでもデキる範囲でね。
その辺を踏まえて恋愛活動がんばって下さい。
あ。個人的に変に拘ったモノを如何にもデキマス的に作るより
何気なく当たり前のように普通のモノ作ってくれる子の方が来るモノがある。
ただ。悲しいかな。ココ数年。そんな女性に出会えてないんだわ。
元から知ってる子がご飯作りに来てくれたってのはあったけど。
そんなんなんの発展もないよね。
食べて片付けて帰っていったよね。
せめてちょっとくらい期待させろよな(´Д⊂グスン
かと言って同棲とかになったらめんどくせってなるから無理。
テキトーに必要な時にご飯作りに来てくれてオプションもあります。
そんな女性急募。
もうこの際。ご飯作れなくてもいいや。
テキトーに必要な時に家に来てくれる子急募。
あ。デリヘル呼んだら良かったんか(゚д゚)!
そうとわかれば早速明日部屋に帰ってデリヘル呼ぼ( ^ω^ )ニコニコ
「もしもし。できる限り若い子つけて下さい」
ピンポーン
「って。お前。今はアカン。今からお客さんが来るから」
「(゚Д゚ )ハァ?誰???」
「・・・・デリヘル」
「きっしょーーー」
ピンポーン
「空いてますよー」
「あ。やんちゃな子猫の〇〇です」
すっげーブス。


(´;ω;`)ブワッ

こんな恐ろしい事が起きそうで怖くてデリヘルなんて部屋に呼べない><
やっぱ。風俗は行って写真みて指名してナンボやな。
って。写真指名でデブ引いたんやった・・・orz
もうこの際、何も注文しませんから普通の女の子紹介して下さい。
本音を言えば女子高生が良いんですけどね。
ついでにもう一つ言えば巨乳が理想です。
あと。可愛かったら言うことないですね。
それに家事全般できる子やったらサイコーですね。
そんな子一人で良いんで紹介して下さい。
あ。二人紹介してくれるんならそれに越した事はないですよ?
え?3人でも全然かまいませんよ?
むしろ、多ければ多いほど嬉しいです。
そんな子紹介して下さい。

と。まぁ。本題はさて置き。
しかし。まぁ。このコメント返し読んでるとか正直ビックリです。
まさか、読んでるわけないやろなぁ。と思ってましたから。
けど。この返事には気付いてるわけないと思うので要らんコト書いたろうかと思う。
最近。ヱヴァのパチンコをチョコチョコ打つんですが。
まぁ。勝てない。コレでもかってくらい負けてる。
キッチリ数えてないけど、15マン(複数日で)ストレートで負けたりもした。
15マン打つ間、一度も大当たり引けやんかってんで???
どんだけ?ってなるやろ???
6月末に出て3ヶ月足らずで30ほどシバかれてるのよ。
ってか。今年ほとんどパチンコで勝った記憶ないんですけどね。
去年は強かったなぁ・・・
あ。話がそれましたが。
ヱヴァ新台マジ楽しいんですけどね。かかれば。
あのレバーを引くときとかマジたまらん。
御陰様で最近またヱヴァにハマりつつあるよね。
序とか破みたいなって思う。今日この頃。
とりあえず。ヱヴァをもう嫌てほど打ってるけど、
未だカヲルくんを一回しか目撃してません(´Д⊂グスン
どんだけレアなのさ。
あと。綾波さんの「ウレシイトキドンナフウニワラエバイイカワカンナイ…」も一回も目撃できてません(´Д⊂グスン
つまり。シンジくんの「笑えばイイと思うよ」も観てません(´;ω;`)ブワッ
なんか。アルエを思い出しまんた(´;ω;`)ブワッ

ボクノタイセツナアルエ 本当はとてもさみしいんだろう?
僕はいつでもそばにいる 僕がこれからそばにいる

この曲がレイ綾波に捧げられた歌だと知ったのはブログで朝陽に教えてもらったから。
それまでナニも知らずに聴いてた。友達が善くカラオケで歌ってた。
いや。まぁ。この歌のキモチがわからんでもない。今日この頃。

ただ。BUMP OF CHICKENはやっぱり天体観測が一番イイなと思います。
たしか。高校時代に流行ってみんなカラオケで歌ってたなぁ。t。
なんか思い出深き曲やわ。
けど。BUMP OF CHICKENが好きかって聞かれると特にそうでもない。
この二曲以外あんま記憶にないしさ。
やっぱ。この時代に流行った曲って言えばゴイステとかかな?
ま。僕は中3から高3までずっとDragon Ash好きやったけどなぁ。
基本。アッシュばっか聴いてたわ。
中でも百合の咲く場所でが好きであのアルバム磨り減るほど聞いたなぁ。
夜中でも爆音で聞こうとして何度オカンにシバかれたことか。
人生で一番ハマったアーティストがアッシュやわ。
個人的に降谷健二が男としてカッコいいって思うしなぁ。
最近の曲は聴かんけど。たまに昔の曲は聞くかな。
ホットケーキとか花言葉を久々に聞くと来るモノがあります。
それはゴイステでもあるなぁ。
なんか。昔の恋愛を思い出す感じ。
あ。昔の恋愛を思い出す曲と言ったらやっぱ。宇多田ヒカルの「SAKURAドロップス」か。
まぁ、記事にもしたし今更書く必要もないけど。泣ける(´;ω;`)ブワッ
ちなみに。宇多田さん無期限活動休止だそうで。
活動休止と言えば富樫。
HUNTER×HUNTERの連載がまたしばらく止まるとかマジ泣ける。
画が雑であまり評価されてないがあんな面白いのはないのに。
個人的に。ONE PIECEの休載は耐えれる範囲。
しかし。57巻からの話がぱねぇ。
やっぱ。すげぇよ。ワンピース。
正直。白髭の生き様には涙が出そうになりまんた。
もし。僕が海賊やったなら白髭の下についたと思う。
あの男をオヤジって呼びたかった。
ともかく。今後のワンピースからも目が放せません。
そーいや。休載で思い出したけどNaNaってまだ休載中なん??
序盤しか読んでなかったけどアレも名作級なんで気懸かり。
なんか作者の体調がどーこーで休載やった記憶。
名作を手がける作者方には体調を万全にして何としても満足できるように物語を完結させてもらいたい。
よくある打ち切り的な完結のされ方だけは勘弁願いたい。
そう思うと。もし。尾田栄一郎が事故死とかになったらその轢いた犯人を殺してしまいそうになると思う。
たぶん。冷静な僕でも我慢できやんと思う。
あのガープみたいな感じになると思う。
「いくき。そ-やってワシを抑えこんどれ。でないとワシャーあいつを殺してしまう」
頼むかr僕の手を汚させるような真似はやめて頂きたい。
ともかく。ワンピースにはもう10年は連載を続けて頂きたい。
それでちょうど100巻くらいになるんかな??
すさまじいよね。
それでも僕はそうなると信じてる。
しかし。ジャンプ派の人は大変やろな。
ワンピースを読み始めた当時が20半ばで
今30半ばでギリギリでジャンプ購入OKラインの人も
40半ばになるとなんかサムいモノがあるよね。
その点。コミックは気兼ねなく60歳になっても買える気がする。
ただ。置き場に困るかな。
このままのペースで十年経過したら一部屋本で埋まりそうやわ。
社会に出て自分でお金を稼ぐようになって以後、本を購入するペースが尋常じゃない。
5年で千近く買った気がする。
近くの古本屋さんではVIP待遇よ。
とりあえず。上記のことを踏まえて言うと。
僕は生きてく上で、漫画の本を読めなくなることが一番怖い。
つまり。目が見えなくなるコトがもっとも恐ろしい。
あとはどーなってもかまわんから目だけは見えるようにしておくれ。
それが切実な今の僕の想いです。
僕の棺にはコミックを一緒に入れて埋めて下さい。
間違っても火葬とかしちゃだめよ。
いくら法律で火葬が義務付けられていようとも燃やさないで!!!
そのまま埋めて。水に流すのはダメね。本が濡れるから。
花葬ってなんかかっこいいけどなぁ。
ばらばらに散らばる花びら 雫は紅
欠けた月よ回れ 永遠の恋を写し
なんか懐かしい゚・*:.。..。.:*・゜(*´∀`)。. .。.:*・゜゚・*ポワワワァァン
中2くらいやったかなぁ。
ハニーと花葬とあとアレ。
覚醒されたのは失くしてた傷跡
そう。侵食。
この当時はGLAYとラルクが人気を二分してたと思う。
僕はラルク派やったけどな。
まぁ。行動的には「Hey Man 乱痴気騒ぎ 人を巻き込んで」やったけどな。
うーん。SHUTTER SPEEDSのテーマとか懐かしい(´∀`*)ウフフ
とりあえず。どっちがどうってか。
ラルクの方がビジュアル的に勝ってたと思う。
けど。グレイの方が詩が良かった気がする。
まぁ。世間的にはグレイの圧勝やろけどな。
とりあえず。BELOVEDの歌詞は一番なら未だに覚えてるわ。
我ながら素晴らしい記憶。
あ。ラルクも何曲か覚えてるわ。
そーゆーのって意外と忘れやんのやなぁ。
しかし。まぁ。一つのアーティストのファン暦十数年ってスゲェよ。
僕はそこまでずっと追いかけてるアーティストってないなぁ。
ノリピーくらいか。20年近いよね。
けど。追いかけてないか。タイプなだけか。
けど。20年間変わらず僕のタイプであり続けてるってのがスゲェよ。ノリピーが。
やっぱ。至高のタレントやったんやなぁ。
それだけに旦那をシバきたい気持ちでいっぱいです。
こんなことならドラマにちなんでオオサワタカオかタケノウチユタカかエグチヨウスケあたりと結婚してくれてたらよかったのに。
あと。もう一個悔しいのがお塩さん。
個人的に矢田さんもタイプ(´∀`*)ポッ
ウラヤマシイって気持ちでいっぱいです。
ただ。こちらはどうこうしようって気持ちはないです。
ウラヤマシイその一言です。
そうなってくるとほしのあきの相手もウラヤマシイぞ。
鈴木亜美と噂になったかのアイドルもウラヤマシイぞ。
あと別の意味で元AKBのナントカさん現やまぐちりこ。のファンやった人もウラヤマシイぞ。
好きなアイドルがAVデビューとかたまらんやろなぁ。
スゲェウラヤマシイゾ。
あ。でも。上記の人がAVデビューとかしたら泣けるわ。
やっぱ。ウラヤマシクないか。
うーん複雑(´ε`;)ウーン…
見たいけど。見たくない。
自分一人が見るんやったらありやけど。その他大勢に見られるのが無理。
あ。でも撮影の時点で見られてるからやっぱ。断固否定!!!

とりあえず。まぁ。この辺で終わるか。
まぁ。読んでないと思うけど。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

こんな腐った記事でガタガタぬかしやがって!!

URL
ボケろ ウンコ
PASS
極秘 超ベジータ様にだけ見せる
 

トラック後退カカッテコイ!щ(゚Д゚щ)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


μ??

μν??Ĥ?ξ?

by μ?? 2010/01/30 16:17

?ХåХ

?ΥХåХ?Ĥ?ξ?

by ?ХåХ 2010/02/09 14:56

 TOPへ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。