アクセスランキング ブログパーツ
2017 08123456789101112131415161718192021222324252627282930>2017 10
戦闘力

氏名:YPK代表 。。。

。。。様

・プロフィール的な
・最新記事的な
・コメント的な
・僕的には相互的な
・月別的な
・カテゴリ的な
・wellcome的な
・あわせて読めよ的な
・トラバられ的な
--年--月--日 --時--分(--)
ども。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< <取引。><バックホーム><本気> >>

2010年01月15日 00時00分(金)
ども。 ども。

今年は虎年ね。
虎年一発目に相応しい記事をと思っております。
あ。前回前々回は気になさらずに・・・
とりあえず、僕の「本気」をちょっと見せてみようってね・・・
それでは本編へ・・・



























この物語の主人公は某「悲しくて、翼もなくて。」で御馴染みの恵以子。
時は2010年4月某日。
この日は虎年一発目の甲子園でのタイガース戦。
恵以子は必死の思いで記念すべきこの試合のチケットを手に入れていた。
その喜びっぷりは恵以子のブログなどからも存分に溢れていた。
満を持して甲子園に赴く恵以子。
自分のシートを見つけ座ろうとすると隣の席に男性が座っていた。
何気なしに恵以子はその男の顔を眺めると何処かで見たような顔をしている。
時代錯誤のユニフォームを身に纏った謎の男・・・
恵以子はとりあえずその事を忘れ試合に熱中する。
しかし、事ある毎に隣の男がチラつく。
隣の男はラミレスの打席の度に脅迫紛いの野次を飛ばす。
しかし、そんな野次も阪神キチガイの恵以子にとっては心地よくさえ感じれた。
試合は桧山の活躍により憎き巨人を10-0で下す。
嬉しさのあまり恵以子は立ち上がって歓声を送る。
その横で謎の男はそれ以上にヒートアップしていた。
そのまま前に乗り出し吼えている。
その時、男の背中を観てある事を思い出す。
「ARIAS」今日びジョージてwwwと想いながらもふとしたコトを思い出す。
この顔にアリアス。
まさか・・・
そうなのである。このたまたま横で応援していた阪神キチガイはナニを隠そう。
恵以子のブログのリンク先の某「YPK」の管理人。。。である。
恵以子は念のため携帯でブログを開き。。。の顔面を確認する。
間違いない・・・恵以子は確信する。
しかし、どーやってコンタクトを取るべきか??
何気なしに恵以子はいつもどおりに「まるさん」とボソっと呼びかけてみる。
しかし、。。。は反応しない。
そうなのである。私生活で。。。は「まる」と呼ばれても一切反応するコトがない。
そこで恵以子は考えた。思い切って「YPKのまるさん」と呼びかけてみた。
すると。。。はビックリ(゚д゚)!した表情で振り返った。
それを確認し恵以子は自分が「悲しくて、翼もなくて。」の恵以子であることを明かす。
それを知った。。。は高笑いしながらこー問い掛けた。
「なんで僕てわかったん?」
恵以子はことの全てを打ち明けた。
その後、二人は打ち解けあったかのように甲子園でアツく語り合っていた。
そして時間も時間なので恵以子がそろそろ帰ると言い出そうとした瞬間に、
一歩早く。。。が「よし。飯食いに行こう」と切り出した。
恵以子は一瞬断ろうと考えたが偶然出会えた上に、
せっかく誘われてるんやし断るのもアレかと想い承諾した。
そのまま二人は居酒屋へ・・・
。。。は無駄にテンションを上げながら永遠ビールを飲み続けている。
恵以子はやや敬遠しながらも釣られて飲んでしまう。
そろそろ終電が迫っている。
恵以子は帰るタイミングを見図っている。
しかし、その辺に手馴れた。。。はその隙を一瞬たりとも与えはしない。
完全に終電に乗り遅れた事を悟った恵以子が呆然としている。
そして、。。。が「そろそろ出るか」と言い出す。
恵以子はどーやって帰るべきか考えながらも第一に自分の身体を守る術を考えた。
対策を思いつく間すらなく外へ出た。
すると、。。。は通り掛かったタクシーを呼び止め運転手にお金を渡し
恵以子にそのタクシーに乗るよう勧めた。
この行動に恵以子は一瞬あっけにとられながらもそそくさとタクシーに乗り込んだ。
そして別れ際に名詞だけを貰いタクシーは発車した。
案外すんなり帰れたな。と、ホッとする恵以子。
それと同時に。。。のキャラは設定では?と考える恵以子。
それでも別れ際にさり気無く名刺を渡す辺りがやっぱり信用できない恵以子であった。
次の日・・恵以子は悩んでいた。
この貰った名刺の番号に連絡すべきかを・・・
相手を考えるとプライベートの連絡先を教えるのはちょっと・・・と思いながらも
相手が素性全部曝け出して名刺を出してきた上、
ブログ上の体裁を気にした恵以子は前回の礼も兼ね、思い切って連絡してみた。
恐る恐る送信ボタンを押す恵以子。
まさか、今夜も誘われないだろうな?何て不安感を抱きながら返事を待つ
その後、恵以子の予想とは裏腹に普通に。。。から返事が来た。
それから数回ヤり取りしていると。。。が仕事の関係でコッチに住んでいるコトが発覚。
しかし、それ以上のヤり取りは行われなかった・・・
一回くらいは誘われるもんだと感じていただけに少しガッカリ??
いやいや、そんなコトは無い。と自分に言い聞かせる恵以子。
それから数週間がたったある日。。。から急に連絡が来る。
「次の土曜の甲子園のチケットを入手した」
つまり、試合観戦に行かないか?と言う誘いであった。
ココへきていきなりの誘い。
返事に戸惑う恵以子。
未だに。。。を警戒しながらも
「阪神戦」と言うエサを前にされては理性すらふっとぶ勢いであった。
そして、試合当日、甲子園の入り口で待ち合わせをしていた恵以子が目にしたのは・・・
前回のアリアスとは打って変わって勝負服とまで取れるような完全装備の。。。であった。
その姿を見た恵以子は気を引き締め直す。
間違いなく。。。は獲物を狙っている。
そして、我らが阪神が勝利し気分上々と言う形で本日の試合が終了した。
本来ならこのままの勢いでガッツリ飲み明かしモードなのではあるが、
隣にいるのは。。。だ。
恵以子はそこでスイッチを入れ防衛モードに入る。
「今日はお母さんに早く帰って来いって言われてるの」
心の中で断り文句を何度も読み返す。
そして、。。。が口を開く・・・
「さて・・・
 また終電逃したら悪いから今日は早く帰り」
恵以子の予想とは裏腹に。。。は駅まですんなりと送ってくれた。
恵以子はホッとしながら電車に乗り込む。
別れ際、。。。が「また次の試合のチケット入ったら連絡する」とだけ言い二人は別れる。
その後、チケットが入り試合を観に行く。と言う行為が数回行われる事になるが
試合後に何処かへと言う身の危険を感じさせるような事は一切なく
恵以子の中にあった。。。への警戒心はほとんど薄れていた。
むしろ、同じ阪神キチガイとして親近感を覚え
安心感に似たモノさえ感じれるようになっていた。
そんなある日、。。。がもうすぐ地元へ帰ると言う話を聞かされる。
その話を聞いた恵以子は心にポッカリと穴が開いたような感じに晒されていた。
それが。。。に対しての想いなのか阪神戦に対しての想いなのかは恵以子以外には知る術は無い。
それから何の音沙汰も無かったが
。。。が地元に帰る前日にいきなり食事に誘われた。
この日は甲子園で試合があるわけでもない。
それでも恵以子は誘いに応じた。
試合以外で二人が顔を合わすのは今回が初めてである。
阪神と言う共通ワードを除けばただの相互リンク程度の関係の筈なのに
今夜の二人にはそんな微妙な雰囲気が微塵も感じられなかった。
そう。まるで・・・
それと関係があるのかどうかは分からないが
この日初めて恵以子が。。。の事を「まるさん」ではなく本名で呼んだ。
名刺を貰った日から本名は知っていた。
それでも今までは「。。。」以外の捉え方はしていなかったのに・・・
そんな食事の最中、。。。が恵以子にとって咽から手が出るような話をする。
なんと、高校野球が始まる直前の甲子園最終戦のチケットがあると言う。
しかし、その時には。。。は地元に帰っている為に観戦に来れないと言う。
そして、快い。。。はそのチケットを譲ってくれると言う。
恵以子は喜んだ。
しかし、肝心のチケットを部屋に忘れて来たと言われ
食事の後、。。。の部屋に取りに行くことになる。
今までの恵以子ならこの状況を全身全霊で敬遠したであろうが
それまでの。。。の行いにより
いや、むしろ、この心境変化の主な要因は
恵以子本人の方にあるのかも知れない・・・
その警戒心と言うか防衛本能が完全に消え去っていた。
そして、言われるがまま。。。の部屋に・・・
。。。がチケットを出してくる間、
部屋のソファでかけて待つように言われ座って待つ恵以子。
久々の異性の部屋に入った為か少しソワソワしているように窺える。
その反面、嬉しそうに見えなくもない。
そんな恵以子を他所に。。。は寝室で手帳を開いていた。
その手帳には数人の名前が連なっていた。
その羅列に何の意味があるのかは定かでは無いが
ただ・・・
一人目の名前だけにチェックがされている・・・
そして。。。はただ不敵に笑みを浮かべている。


























「くっくっく。先ずは一人目。次は・・・だ」


。。。秘密メモ









~つづく~














































あとがき
この物語はたぶんフィクションであり、
実際の出来事などとは関係ない予定です。
あくまでも、空想のつもりです。
尚、随時出演許可募集してます。

 

<< <取引。><バックホーム><本気> >>

まるでコメントのバーゲンセールだな・・・

Dearイケメン
ぎゃあ!女性の方みんな逃げてー!

>そろそろ終電が迫っている。
恵以子は帰るタイミングを見図っている。
しかし、その辺に手馴れた。。。はその隙を一瞬たりとも与えはしない。
完全に終電に乗り遅れた事を悟った恵以子が呆然としている。
個人的には、この「手馴れた。。。はその隙を一瞬たりとも与えはしない。」がむっちゃ気になる!どうやって隙を与えずに繋ぎとめておくのか知りたいです先生!
許可します(笑)
Dearイケメン
>久々の異性の部屋に入った為か少しソワソワしているように窺える。
アハハ...くっ、ほっといてくれぃ!!

>「今日はお母さんに早く帰って来いって言われてるの」
この小学生のような断り文句、ガチで使ったことあるわ。
お見合い相手がしつこかったときw

てか
↑の綾瀬ちゃんのコメントを導き出したまるさんは
私に用はないだろう。うん。


なんていうか、色々ありがちな感じでキャラ掴まれてるわー(汗)
ありがとw
Re: Dearイケメン
> ぎゃあ!女性の方みんな逃げてー!
逃げるもナニもほぼ女性読者が居なくなりましたとさ。


> >そろそろ終電が迫っている。
> 恵以子は帰るタイミングを見図っている。
> しかし、その辺に手馴れた。。。はその隙を一瞬たりとも与えはしない。
> 完全に終電に乗り遅れた事を悟った恵以子が呆然としている。
> 個人的には、この「手馴れた。。。はその隙を一瞬たりとも与えはしない。」がむっちゃ気になる!どうやって隙を与えずに繋ぎとめておくのか知りたいです先生!
コレか。基本は相手が帰りたいって思わない様な空気を作ることと
それが出来ない場合は相手に喋らせないこと。
喋らせないって別にそーゆーんじゃなくて
ただ、会話の主導権を与えるな!!
そして、シツコクなる前に自分から動くこと。
アレ?もしかして帰る?って思わせつつIN!!的ね
Re: タイトルなし
> 許可します(笑)
今更ながら密やかに蹂躙させて頂きました(ノ´∀`*)
Re: Dearイケメン
> >久々の異性の部屋に入った為か少しソワソワしているように窺える。
> アハハ...くっ、ほっといてくれぃ!!
コレはちょっと失礼だったよね。
今更かもやけど謝る。すまん!


> >「今日はお母さんに早く帰って来いって言われてるの」
> この小学生のような断り文句、ガチで使ったことあるわ。
> お見合い相手がしつこかったときw
この断り文句は鉄板。
コレを言われた場合は基本相手が嫌がってるって認識すべき。
ガチでお母さんの用事の場合はヤヤコシイから使うな!!


> てか
> ↑の綾瀬ちゃんのコメントを導き出したまるさんは
> 私に用はないだろう。うん。
ん??イマイチ理解しづらいんやけど??
コレはコレ。
アレはアレ。
特に誰だとか関係ない。
ただ、予想外の獲物が釣れましたとさ。


> なんていうか、色々ありがちな感じでキャラ掴まれてるわー(汗)
> ありがとw
我ながらK子ってキャラを上手く利用できたなぁと(・∀・)ニヤニヤ
ま。最近ヒマじゃないからこんなことはもーデキやんかもやけど
なんかまたおもろい事ヤりたいなぁ(ΦωΦ)フフフ…

こんな腐った記事でガタガタぬかしやがって!!

URL
ボケろ ウンコ
PASS
極秘 超ベジータ様にだけ見せる
 

トラック後退カカッテコイ!щ(゚Д゚щ)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 TOPへ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。